帯は特にこだわる必要はありませんが、妊娠16週〜19週の“いぬの日”にしめる習慣があり、当院ではこの日に着帯指導をしております。

帯は主として腹部の保温のためで、強くしめすぎると赤ちゃんの発育をさまたげたり、足にむくみが出たりしますので、ずらない程度にゆったりと巻いて下さい。


当院からのアドバイス 目次に戻る



産科・婦人科・小児科 山元病院 〒604-8353 京都市中京区岩上通蛸薬師下る宮本町795
TEL 075-801-3281 E-mail yamamoto@yamamoto-hospital.gr.jp


禁無断転載 Copyright © Yamamoto Women's Hospital. All rights reserved.